台湾スイーツを知り尽くせ!現地在住日本人が教えるおすすめ&ローカル台湾スイーツまとめ

ショッピング

台湾スイーツというと、マンゴーかき氷、
タピオカミルクティーやパイナップルケーキが有名ですが、
それ以外にもまだまだ知られていない台湾スイーツはたくさん存在します。

美味しいものがたくさんあるのに、
ガイドブックに載っていないというだけで知られていないのはもったいない

そこで、本日はお土産にもおすすめの台湾スイーツを
現地在住の筆者がご紹介いたします!

今回特にご紹介したいのは、

あまり日本語での情報が比較的少ない「伝統的なスイーツ」です。

豆花やかき氷、愛玉ゼリーなどは
現地在住の日本人のブログの中で目にすることはあるのですが、
伝統的なお菓子屋さんで買えるようなスイーツは
あまり陽の目を浴びていない・・・・・(泣)

いわゆる日本でいうところの「和菓子」に当たるような、
少々「しぶい」ラインナップになりますが、
台湾の歴史、文化、気候風土が誕生させた独自の伝統菓子には、
なかなかに奥深い魅力がたっぷりあるんですよ!

本記事の後半では、少々マニアックなものもたくさんご紹介しますので、
ぜひ本ブログをご覧になって、
台湾人にも「渋いね!」と言われるようになってください!笑

台湾の伝統的なスイーツとは?

台湾の伝統的なスイーツとは、
いわゆる日本では和菓子にあたるようなもので、
パイナップルケーキ月餅などが有名どころとして日本では知られています。

しかし、それ以外にも一度の旅行ではとても楽しみ切れないほど、
非常に数多くの台湾伝統菓子が存在します。

台湾と中国のスイーツはちがう?

現在における台湾の民族的なマジョリティーは、
中国の福建省から渡ってきたいわゆる福建人(ホーロー人)です。

したがって、台湾の飲食文化もこうした地域の印象を色濃く残しています。

しかし、長い歴史の中で、台湾独特の気候や農産物の特徴を活かし、
また一部日本の和菓子のエッセンスや技術を取り入れながら、
他の中華圏では見ることができない台湾独自の伝統菓子が誕生しました。

伝統的な台湾スイーツの聖地は豊原にあり!

清朝の時代にはすでに伝統的な餅を専門的に扱う店が
台中の北部、特に豊原を中心に開業されており、
豊原は台湾伝統餅(菓子)の発祥地として知られています。

日本統治時代においては、
日本から伝わった和菓子の伝統と競合しつつも、
その技法や特徴を取り入れながら独自に発展してきたのが、
台湾の伝統的なスイーツです。

そういった歴史から、
現在でも豊原には数多くの伝統的な台湾菓子屋(餅店,餅行)が立ち並んでおり
同じような菓子のラインナップながらも、
原材料の産地や配合、レシピなどが微妙に異なります。

少しマイナーな場所ながら、
台北で見つけることのできない鹹蛋糕などもありますので、
より深く台湾伝統菓子の世界を体験したい方は、
ぜひ訪れることをお勧めします。

伝統的な台湾スイーツ

それでは、台湾の伝統的なスイーツをリスト形式でご紹介します!

タロイモケーキ(芋頭酥)

台湾スイーツ 芋頭酥
出典:先麥公式

薄紫の可愛らしいビジュアルのタロイモケーキは、
南国台湾らしさをもっとも感じられるスイーツの1つです。

タロイモは芋頭(中:ユートウ)、芋仔(台:オア)と呼ばれ、
日本では煮っころがしにする里芋と同じ仲間ですが、
タロイモは粘りがそれほどなく、
またほんのりと紫色をしていることが特徴。

台湾では甘く煮詰めてかき氷のトッピングや蒸しパンの具など、
スイーツとして食べられることが多いです。

そんなタロイモペーストを、
サクサクのパイ生地で包んだのがタロイモケーキ(芋頭酥)!
もっとも有名な専門店は、
モンドセレクションにも輝いた先麥(シエンマイ)です。

ラインナップはノーマルのタロイモケーキの他に、
餅を挟んだ芋頭Q、
卵黄が入った蛋黃芋に加え、
健康を気にする現代の食文化に合わせて
カロリー35%オフの新一代芋頭酥の4種類がありますが、
個人的にはスタンダードな芋頭酥が好みですね。

台北では、台北駅に支店があります。

台北/京站專櫃(台北轉運站 京站時尚廣場)
台北市大同區承德路一段1號B3F 
營業時間:月〜木/日 11:00~21:30
金・土 11:00~22:00 
電話:02-25525067 

蛋黃酥

台湾スイーツ 蛋黃酥
出典:周老爸

中月節や新年に食べられることの多い蛋黃酥は、
その名のとおり蛋黃=卵黄が入っているパイ

塩漬けにしたアヒルの卵黄をこしあんとパイ生地で包んだこのパイは、

「スイーツなのになんだかしょっぱい!!」と

日本人にとっては好き嫌いが分かれるスイーツですが、
台湾の中秋節(十五夜の月見)をはじめ、
祝いの席やおめでたい日には必ず登場します。

個人的にはあまり得意ではないスイーツなのですが、
もしかすると意外にもハマるかも?
ぜひチャレンジしてみてください。笑

小月餅

台湾スイーツ 小月餅
出典:宝泉

こちらは私が一番好きな台湾の伝統スイーツで、
白あんを真っ白なパイ生地で包んだ小月餅。

パイ生地というと、
一般的にはサクサクのものがイメージされるのですが、
小月餅の生地は、口にいれると溶けてなくなってしまうような、
繊細で不思議な食感なんです。

この小月餅ですが、
発祥の店は豊原にある老舗、宝泉
日本の和菓子の製法および白あんを
台湾の伝統的な月餅と組み合わせたことから誕生したもので、
決して甘すぎず、口の中に白あんの香りがいっぱいに広がります。

こちらも台北駅に支店あり!

台北京站店
臺北市大同區承德路一段1號B3
TEL:02-25522875
週日~週四11:00-21:30
週五 、六或例假日11:00-22:00

綠豆椪(雪花月餅)

台湾スイーツ 綠豆椪

こちらも豊原発祥の伝統的なスイーツ、雪花月餅。
一般的には綠豆椪(中:リュードウポン)という名前で知られています。

もっとも有名なのは、豊原廟東夜市の裏手にある「老雪花齋」で、
なんと1900年から続く超老舗のお菓子屋さんなんです。

老雪花齋 店舗
老雪花齋 看板

中秋節に食べる月餅といえば、
この「綠豆椪」という程に、台湾全国で非常に有名なお菓子で、

「老雪花」の画像検索結果
引用:台中観光旅遊網

ふわふわのパイ生地に、緑豆、肉そぼろ、
フライドエシャロット(蔥油酥)が包まれており、
とってもいい香りが包みの中からも漂い、食欲がそそられます。

太陽餅

台湾スイーツ 太陽餅
出典:大友食品

台中のお土産といえばこれ!
太陽餅はパイ生地の中に麦芽糖のペーストが入ったスイーツです。

なぜか日本人の間で台湾土産として有名ですが、
正直なところ、外の生地がかなりパラパラしていて、
中のペーストもなんとも特徴がない味なので、
あまり好みではありません。

wikipediaにも書かれている通り、
外の生地がバッサリ全部服の上に落ちてしまうなんていうことも、
大げさではありませんね。笑

皮が非常に脆く、食べている間にボロボロと脱落していき、時には皮の殆どが落ちてしまうこともある。従って、食べる際は下に何か敷く、または個別に包装されているものは袋から出さずに食べると食後の掃除の手間が省ける。

引用元:wikipedia

ちなみに、中に太陽が入っている訳ではありません。

老婆餅

台湾スイーツ 老婆餅
出典:大友食品

太陽餅と同じような見た目をしている老婆餅は、
実は広東や香港でもよく見られるスイーツ。

太陽餅との違いは、内側の餡に冬瓜が入っており、
ややしっとりした食感であること点です。

素朴な美味しさ、という感じでしょうか。

鳳梨餅

出典:郭師傅公式

パイナップルケーキの鳳梨酥と名前はそっくりですが、
こちらは鳳梨「餅」。

台湾の「餅」はいわゆる日本の饅頭生地と
パン生地の中間に当たるような生地で、
さまざまなものを包んで焼き上げたものを指します。

鳳梨はパイナップルですので、
鳳梨餅は薄い饅頭生地の中に、
甘酸っぱいパイナップルケーキの餡がぎっしり入った
ケーキということになります。

実は、この「餅」には本当に様々な種類があって、

  • あんこをタップリ挟んだ紅豆大餅
  • 煮詰めた冬瓜ペーストと肉のそぼろ、五香粉、ごまなどを挟んだ古早肉餅
  • 緑豆としいたけを甘辛く煮た餡を挟んだ素綠豆椪

などなど、あまいものから、
これはおやつ?スイーツ?ごはん????
と混乱してしまうようなものまで、
魑魅魍魎種類が豊富で見ているだけでも楽しくなってきます。
(食べてみるにはなかなか勇気が必要・・・・)笑

台湾の伝統餅の表面には喜という文字が
かたどられていることが大半で、
これは専用の餅印で片を付けてから焼き上げることによってできる模様です。

写真の説明はありません。
餅印 引用:沅豐模具文創工作坊 – 木雕:餅印/粿印/糕印/糖印

この手彫りの餅印を作ることができる彫り師は、
今ではかなり希少な存在となっています。

文化之美,藝術之源-台灣限界藝術記錄 | 傳統糕餅粿印模圖像藝術

花生酥

台湾スイーツ 奶油酥
出典:7-11線上購買中心

こちらは筆者の一押しお土産台湾スイーツ、
台湾の離島澎湖の名物「花生酥=ピーナッツケーキ」は、
烏龍茶やコーヒーにとても合うスイーツです。

ピーナッツと砂糖を固めたクッキーのような生地は、
ザクザクとした歯ごたえとともに
ピーナッツの香りが口いっぱいに広がります。

澎湖には十数件の専門店があり、
パッケージのデザインからケーキの大きさ、
原料の配合もさまざまあるため、
食べ比べてみるのも面白いかもしれません。

台北だと迪化街のいくつかのお土産屋さんで変えます。

筆者がいつも買うのはココ!

澎玉191 
https://shopee.tw/jadeboat191

迪化街の後半、竹かごで有名な高建桶店のやや斜め前です

ヌガー

出典:老爺大酒店公式

牛軋糖(中:ニョウガータン)と呼ばれる牛乳ヌガーも、
欧米から台湾に伝来したのち、
台湾で独自に発展したスイーツのうちの一つ。

日本ではヌガーはもう殆ど見ることがなくなってしまいましたが、
台湾のヌガーは本当に種類が豊富なんです。

ドライフルーツを混ぜ込んだり、
ナッツやゴマを混ぜ込んだり、
さらには烏龍茶や紅茶フレーバなどというのもあり、
ばらまき土産にもピッタリです。

ちょっとオーブンで加熱して、
トロっとした食感を楽しんだり、
トーストやビスケットに載せてオーブンで焼いたりといった食べかたも!

台湾のスイーツ-マニアック編

ここからは、
知っていると台湾人からも「渋いね!」と言われるような、
超ローカルでマニアックな台湾スイーツをご紹介します!

ただマニアックなだけではなくて、
私の中では上にあげた比較的有名なものよりも、
断然美味しいと思えるものをご紹介しています。

残念ながら、
スーパーやデパートで気軽に見つけることは難しいのですが、
「伝統市場」や「エリア限定」というキーワードで、
心が燃える人は、ぜひチャレンジしてほしいと思います!

紅龜粿

左:紅龜粿 右:艾草粿

ショッキングピンクの衝撃的な外見で、
言われなければ石鹸とも間違えてしまいそうな
衝撃的な紅龜粿(台:アンクークイ)は、
かなりマニアックな伝統スイーツです。

中華圏では日本と同様、
亀は長寿の象徴とされており、
祭祀の際、神さまに捧げるものの1つでした。

次第に本物の亀から、
小麦粉や餅等で作られた亀を捧げるようになり、
この紅龜粿もその伝統が受け継がれてきたものの一部です。

中にはたっぷりの小豆こしあんが
入っているものがメジャーですが、
ピーナッツの粉や黒ゴマペーストが入っているものも。

また、同じような形で緑色のタイプも売っており、
こちらは艾草粿=よもぎもちと呼ばれています。

こちらの艾草粿の中身は、
実は甘辛く炊いた蘿蔔絲=切干大根!
おいしそうなよもぎ餅と思ってたっぷりのあんこを期待すると、
驚いてしまいますね。

ですが、これはこれでとてもおいしいので、
小腹がすいた際のおやつにピッタリです。

どちらも難点は、スーパーや百貨店では売っていないこと。
伝統的な市場の米菓子店でしか買うことができませんので、
食べてみたいかたは、
ザ・台湾ローカルの伝統市場での買い物
チャレンジしてみてくださいね。

麵龜

麵龜

またまたショッキングピンクで
キュートな見た目の食べものがやってきました。

これは「麵龜(台:みーくー)」と呼ばれる
伝統的な蒸しパンで、紅龜粿と同様に、
農暦の新年や結婚等のお祭りごとの際、
神さまにお供え物として出されるものの1つです。

麵龜
中には緑豆餡

食感は蒸しパンそのもので、
中の餡はあんこ、緑豆餡、ピーナッツの3種類があります。
素朴な味わいですが、なんともいえない優しい味にこそ、魅力がありますね。

鹹蛋糕

台湾スイーツ 鹹蛋糕
出典:自由報導

これまで様々に台湾スイーツを紹介してきましたが、
実はこの「鹹蛋糕」が私が1番ご紹介したいものなんです!

鹹=しょっぱい、蛋糕=ケーキ 
なので、その名のごとく「しょっぱいケーキ」なのですが、
台湾には2種類の鹹蛋糕があります。

豊原の鹹蛋糕か、それ以外の鹹蛋糕か。です

一般的な鹹蛋糕は、スポンジに肉鬆とよばれる、
乾燥肉のふりかけをかけたようなもので、
確かにこれも美味しいのですが、
豐原のものはまるで別物

フワッフワ&しっとりのスポンジに、
甘辛く煮たしいたけ&筍の餡がタップリ挟まっており、
甘さ加減と塩っぱさ加減が絶妙なバランスなのです。

しかも、スポンジのふわふわ加減が半端なく、
それだけで食べても、感動ものの完成度!

ただ、この豊原の鹹蛋糕は、
豊原以外の人にはあまり知られておらず、
言わずもがな、日本人からの認知は皆無と言っていいでしょう。

こんなに美味しいものを知らないのは勿体無い。。。
ぜひ多くの人にこの美味しさを味わってほしいものです。

筆者オススメは、廟東夜市の近くにある義華餅行の鹹蛋糕です。

台湾スイーツ まとめ

今回は台湾の伝統的なスイーツをたくさん紹介しました!また新たに美味しいものがあればどんどん追加して予定ですので、本記事を読んで、台湾のスイーツを多くの人に知ってもらえれば幸いです!

関連記事:お土産におすすめ台湾スイーツパイナップルケーキ7選【台湾在住日本人チョイス】

コメント

タイトルとURLをコピーしました