台湾烏龍茶の世界 烏龍茶って何?

台湾烏龍茶の世界 烏龍茶って何? 台湾茶

最近は台湾烏龍茶に凝っている。

台湾に来るまで、大手飲料メーカーが販売している、
ペットボトル入りの冷たい烏龍茶の存在しか知らなかったし、
小さい頃はあの独特な風味と苦味が苦手で、
ビールが飲める年頃になってからその美味しさがわかるようになった。

それから台湾にきて、目の前で淹れてもらった台湾烏龍茶を初めて飲み、
その花のような香りと、口の中に広がる甘みに衝撃を受けた。

焼肉とともに流し込む、キンキンに冷えたジョッキ入りの烏龍茶、
天満の安い居酒屋で3軒くらいハシゴして、4軒目でそろそろビールを受け付けなくなったときの
ピンチヒッターウーロンハイ。

いままで私が飲んでいたあの烏龍茶とは一体なんだったのか。
あの体験はとても衝撃的だった。

そこから、家の近所のお茶問屋をいろいろと巡ったり、本を読み漁ったりなどをしながら、
烏龍茶の深みにはまっていくようになった。

自分の忘備録も兼ねて、
烏龍茶について見て、聞いて、読んで、体験したことを、
公開して行きます。

主な情報源は、『烏龍茶的世界』 著 陳煥堂,  林世偉を参照にしています。

烏龍茶的世界:全方位茶職人30餘年心血結晶,從種茶、製茶、飲茶,告訴你烏龍茶風味的秘密
來源:books.com.tw
烏龍茶

烏龍茶って一体何のお茶?

そもそも烏龍茶とは?

そもそも烏龍茶ってなんのお茶?と言うとこから始めましょう。

烏龍茶の茶葉は、緑茶や紅茶の茶葉と植物的には同じもんです。
でも収穫後の茶の後処理(発酵度、焙煎度)が異なるため、
味や見た目がぜんぜん違うお茶になるんですって。

茶の6大分類を知る

台湾では「6大茶」と言って、お茶を6つに分類します。
下に降りるほど、だんだんと発酵度が高くなっていきます。

  1. 緑茶
  2. 黄茶
  3. 白茶
  4. 青茶(烏龍茶)
  5. 紅茶
  6. 黒茶

このうち台湾で主に生産されている、緑・青・紅茶、3種類のそれぞれの定義と特徴を
簡単に整理してみましょう。

1.緑茶-新鮮な新芽をゼロ発酵でつくるお茶

日本でもおなじみの緑茶は、
摘み取ったばかりの新鮮な茶の新芽を、一切発酵させずに作るお茶です。

緑茶独特の爽やかな飲み口とほのかな苦味は、
新芽に豊富に含まれているなアミノ酸とカフェイン、ポリフェノールによるものです。

発酵などの後処理が一切ないので、茶葉の良し悪しがダイレクトに味に影響することから、
産地と収穫時間が非常に重視されています。

台湾緑茶の主な産地は新北市の三峽で、
龍井茶と碧螺春茶の2種類です。

4.青茶(烏龍茶)

茶の種類発酵度茶の湯色
文山包種茶15~30%緑・黄
高山茶25~35%緑・黄
凍頂烏龍茶30~40%
鐵觀音茶40~50%金・琥珀
東方美人茶60~70%琥珀・オレンジ
『烏龍茶的世界』 p117 より抜粋

発酵させずに作る緑茶に対して、青茶は収穫後、茶葉を発酵させる工程があることから「半発酵茶」とも呼ばれます。そして、烏龍茶は、この青茶の別名なのです。

発酵度、産地、茶樹の品種などの違いにより、味わいが全く異なってくるため、台湾には多種多様な烏龍茶が存在します。

右表は主な台湾烏龍茶のカテゴリと発酵度の対照表です。

発酵度だけで見ると、
文山包種は限りなく緑茶に近い烏龍茶、東方美人は限りなく紅茶に近い烏龍茶
ということができるでしょう。

台湾烏龍茶の選び方-製造方法から考えてみる

発酵度が高くなるにつれ、茶特有の苦味・渋み成分である
カテキンやポリフェーノールが変化し、
まろやかな味わいのお茶になって行きます。

また、焙煎度が高くなればなるほど、
熱に弱いカフェインの含有量が減少して行きます。

ですから、烏龍茶の選び方の1つとして、

コーヒや緑茶を飲みすぎると頭痛がしたり、胃腸に不調をきたしたりする方は、
高発酵・高焙煎の伝統的な製法で作られる木柵鐵觀音

あるいは、昼食後の一休みに気分を入れ替えたい時などは、
香り、味わいともに比較的強い、半発酵・軽焙煎の高山烏龍茶

といった選択の方法も、自分にあったお茶を見つけるには良いかもしれません。

鉄観音烏龍茶

5.紅茶

紅茶は全発酵茶で、発酵工程で茶葉の苦味や渋みの元であるカテキンやポリフェーノールが
酸化することにより、まろやかな口当たりとフルーツのような香りに変化します。

台湾の蜜香紅茶や紅玉といった上質な紅茶は、茶葉自体のもつ甘みと香りが飛び抜けて高く、
あまいフルーツティーのような味がします。

砂糖を一切入れてないとはにわかに信じ難いほどの甘さで、
これまた紅茶のコペルニクス的転回がおきるほどに美味なのです。

以上、今回は6分類と、台湾で作られている緑茶・青茶・紅茶の違いについて紹介しました。

  • 烏龍茶は緑茶や紅茶と同じ茶葉
  • 烏龍茶は半発酵茶である
  • 発酵度や産地の違いで様々な烏龍茶の種類がある

と言う点を押さえていただいて、
その足で台湾茶をポチって、
烏龍茶の沼に一緒にはまってもらえると嬉しいですね。

ひとまず、今回はここまで!

他にもこんな記事書いてます。

コメント

  1. […] 次は、最近烏龍茶にはまっているという記事を書きましたが、家の裏にあるお茶やさんに行った時のエピソードです。 […]

  2. […] 台湾烏龍茶の世界 烏龍茶って何? […]

タイトルとURLをコピーしました