烏龍茶のカフェイン量は?カフェインを少なく抽出する方法もご紹介!

烏龍茶のカフェイン含有量は?カフェインを少なく抽出する方法もご紹介! 台湾茶

一息つきたい時やリラックスしたい時、もしくは集中力を高めたい際に、
お茶やコーヒーは欠かせませんね。

花のような香りと、茶葉の自然な甘みを生かして作られた烏龍茶は、息抜きにぴったりの飲み物です。しかし就寝前や妊娠中の方は、なるべくカフェインの摂取を控えたいのではないのでしょうか?

今回は、烏龍茶のカフェイン量、シーン別の烏龍茶の選び方、カフェインを少なくする烏龍茶の抽出方法をご紹介します!

烏龍茶のカフェイン含有量

緑茶や紅茶にカフェインが含まれていることは知られていると思いますが、
烏龍茶にもカフェインは入っているのでしょうか?

ズバリ、入っています

烏龍茶は緑茶や紅茶に使われる茶葉と基本的に同じ植物です。
茶葉自体にカフェインが含まれているので、それを利用して作られた烏龍茶にも
当然カフェインは含まれます。

お茶はコーヒよりカフェイン含有量が少ない?

では、具体的に烏龍茶にはどのくらいのカフェインが含まれているのでしょうか?
文部科学省「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」をベースに
様々なカフェイン飲料を比較してみると、

玄米茶 < 烏龍茶 = 煎茶 < 紅茶 < < < コーヒー

の順でカフェイン濃度が高いことがわかります。

飲料カフェイン濃度抽出条件
インスタントコーヒー(顆粒製品)1杯当たり80 mg2 g使用した場合
コーヒー(浸出液)60 mg/100 mL浸出法:コーヒー粉末10 g、熱湯150 mL
紅茶(浸出液)30 mg/100 mL浸出法:茶5 g、熱湯360 mL、1.5~4 分
せん茶(浸出液)20 mg/100 mL浸出法:茶10 g、90℃430 mL、1 分
ほうじ茶(浸出液)20 mg/100 mL浸出法:茶15 g、90℃650 mL、0.5 分
ウーロン茶(浸出液)20 mg/100 mL浸出法:茶15 g、90℃650 mL、0.5 分
玄米茶(浸出液)10 mg/100 mL浸出法:茶15 g、90℃650 mL、0.5 分
文部科学省「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」より引用

カフェイン濃度だけで判断すると、
お茶(煎茶・烏龍茶・紅茶)はコーヒーよりもカフェイン含有量が低いようにも見えますが、
実は必ずしもそうではありません。

この差は原料の違いというよりも、濃度の違いに起因するものです。

つまり、100mlの水に対して使用する原料(茶葉の量)が、
コーヒー豆の使用量に比べて少ないために、抽出されるカフェインの量が少ない
のです。

ですから、飲む量を増やしたり、茶葉の量が増えると、摂取するカフェイン量も増えるということになります。

カフェインが低い烏龍茶とは?

烏龍茶には数多くの種類がありますが、それは発酵度と焙煎度の違いによるものです。
台湾の有名な烏龍茶には下記のような種類があります。

茶の種類発酵度茶の湯色
文山包種茶15~30%緑・黄
高山茶25~35%緑・黄
凍頂烏龍茶30~40%
鐵觀音茶40~50%金・琥珀
東方美人茶60~70%琥珀・オレンジ
『烏龍茶的世界』 p117 より抜粋

実は、烏龍茶は茶葉の種類や後加工の条件、さらには茶葉が生産された季節によっても、
カフェインの含有量に違いがあるのです。

ですので、一概にどの種類がカフェインが低い、と明言するのは難しいという側面もあります。

ただ、1つ目安として、「焙煎度」で選ぶという方法もあります。烏龍茶は製作工程の1番最後に、水分量を下げ、味わいを調節するために焙煎を行うのですが、実はカフェインは高温に弱く、焙煎過程でどんどん減少していきます。

そういうわけで、非常に数多くある台湾烏龍茶の中でも、

睡眠に影響しないようなカフェイン濃度が低いお茶を選びたい方であれば、焙煎時間が長い「重烘焙」タイプの烏龍茶をおすすめします。

焙煎程度が高い茶葉の見分け方はコーヒー豆と同様で、一般的に焙煎程度が高くなればなるほど茶葉の色が濃く(黒く)なります。

具体的な銘柄としては、下記が挙げられます。

木柵鐵觀音

元来は中国福建省安溪で生産されていたものを
張迺妙という茶師が台湾に持ち帰り、台北市の南東、台北動物園がある木柵
という地域で生産されている烏龍茶。

鉄観音は栽培が難しく、工程も複雑であることから、伝統的な鉄観音は非常に価値が高い。
長時間かけて焙煎する「重烘焙」製法により、茶葉は黒光りを帯びている。
その香り高さは「七泡有餘香」(7回出してもまだ香りの余韻がある)と言われている。

カフェイン濃度を低くする抽出方法とは?

上記で述べたように、茶葉の生産された季節や加工状態、
焙煎度によってカフェインの含有量が異なります。

しかし、実際にその含有したカフェインをどれだけお茶として抽出するか、
という点については、実はお茶の入れ方1つでかなりの調節が可能です。

抽出したお茶に含まれるカフェインの濃度は

茶葉の量 x お湯の量 x お湯の温度 x 抽出時間

これらの要素で決定されます。

ですから、茶葉の量を少なくしたり、短い抽出時間にすることで、カフェインの濃度を下げることが可能です。

烏龍茶の香りと味わいは、少ない茶葉の量でも十分に味わうことができるので、カフェインが気になる方や、遅い時間に飲む方は試してみてください。

烏龍茶の甘みが前面に!水出し烏龍茶のすすめ

個人的には、カフェイン濃度を下げるお茶の入れ方として、
1番にオススメしたいのは、「水出し」です。

お茶の甘みや旨みは、茶葉に含まれるアミノ酸やタンパク質に由来します。
こういった物質は比較的低温でも、長時間かけると抽出することができます。

対して、カフェインは温度が高くなればなるほど抽出されやすくなり、
逆に温度が低いと時間をかけても抽出量が少ないままです。

水出しとは、お茶に含まれる成分の特徴を生かし、甘さや旨みを最大限に生かしたまま、
カフェイン濃度を下げる入れ方なのです。

寝る前にボトルに茶葉と水を入れ、冷蔵庫に入れておくだけで、
翌朝には出来上がっているという手軽さも、オススメのポイントですね。

これから暑くなる季節に、水出し烏龍茶、ぜひ始めてみてください!

水出し烏龍茶
自宅で簡単水出し烏龍茶

まとめ

以上、
烏龍茶のカフェイン量と、カフェインが少なめの烏龍茶、
カフェイン濃度を下げる抽出方法の3点をご紹介しました。

烏龍茶もコーヒーや紅茶と同様の嗜好飲料です。
適量のカフェインは、注意力を上げたり、疲労緩和への効果を見込むことができますが、
過度の摂取は胃腸の具合が悪くなったり、頭痛やめまいを引き起こします。

体調やシーンに合わせて、適切な選び方をすることをオススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました